Sustainable Cloud -サステナブルクラウド

SDGsアクション

SDGsの専門家集団として、
サステナブルクラウドが独自で行うSDGs活動が「SDGsアクション」です。

SDGsを身近に、簡単に。
誰もができるSDGs活動の見本となれれば幸いです。

協働パートナーと進めていくもので、
ご関心のある方は当ページ最下部からお問合せ下さい。

SDGsの専門家集団として、サステナブルクラウドが独自で行うSDGs活動が「SDGsアクション」です。

SDGsを身近に、簡単に。誰もができるSDGs活動の見本となれれば幸いです。

協働パートナーと進めていくもので、ご関心のある方は当ページ最下部からお問合せ下さい。

「ヒットでワクチン」
プロジェクト

3.すべての人に健康と福祉を

「ヒットでワクチン」プロジェクト

3.すべての人に健康と福祉を

「ヒットでワクチン」プロジェクト

3.すべての人に健康と福祉を

少年野球チームをスポンサードし、公式戦でヒットを1本打つごとに、ユニセフを通じて、ポリオワクチン1回分を世界の子どもたちに寄付します。

野球を頑張ることで、SDGsにも繋がるのが「ヒットでワクチン」プロジェクトの特徴です。「モチベーションが上がる」、「社会貢献できてうれしい」と野球少年にも好評です。座学だけのSDGsではなく実践するSDGsを子どもたちに体験してもらうことが可能です。

1チーム1スポンサーを目指し、スポンサードして頂ける企業を随時募集しております。

少年野球チーム
少年野球チーム

少年野球チームをスポンサードし、公式戦でヒットを1本打つごとに、ユニセフを通じて、ポリオワクチン1回分を世界の子どもたちに寄付します。

野球を頑張ることで、SDGsにも繋がるのが「ヒットでワクチン」プロジェクトの特徴です。「モチベーションが上がる」、「社会貢献できてうれしい」と野球少年にも好評です。座学だけのSDGsではなく実践するSDGsを子どもたちに体験してもらうことが可能です。

1チーム1スポンサーを目指し、スポンサードして頂ける企業を随時募集しております。

#キフ・トゥースマイル

あなたの笑顔が難民申請者の虫歯を治す。そんなユニークなキャンペーンが#キフ・トゥースマイルです。キフは「寄付」、トゥースは「歯」、スマイルは「笑顔」を指し、誰かの笑顔が健康な歯への寄付になるという意味です。

日本では、鶴見大学歯学部、国連難民高等弁務官駐日事務所(UNCHR)などが連携して、難民申請者の歯科治療を無料で行っています。しかし、難民申請者は全国から神奈川県横浜市の鶴見大学まで通わなければなりません。その交通費が捻出できずに治療をあきらめることがあります。

#キフ・トゥースマイルでは、インスタグラムで笑顔の写真を投稿し、ハッシュタグに#キフ・トゥースマイルを付けて頂ければ、日本国際社会事業団(ISSJ)を通じて、1投稿につき10円を難民申請者の歯科治療の交通費に寄付させて頂きます。あなたの笑顔が誰かの痛みを解放し、その人を笑顔にします。

スポンサード頂ける企業様の数に応じて、毎月の寄付上限額が上がって行きますので、皆様のご協力をお待ちしております。※当初は毎月500投稿を寄付の上限とさせて頂きます。

ロス0ゼロ 市場いちば

1.貧困をなくそう
12.つくる責任 つかう責任
17.パートナーシップで目標を達成しよう

ロス0ゼロ 市場いちば

1.貧困をなくそう
12.つくる責任 つかう責任
17.パートナーシップで目標を達成しよう

ロス0ゼロ 市場いちば

1.貧困をなくそう
12.つくる責任 つかう責任
17.パートナーシップで目標を達成しよう
こども服

大阪市の取り組みにより、古紙や不用衣料の回収を収入源とする自治会がいくつもあります。その自治会の中から5~6地域程度の自治会で1グループを組みます。

そのグループの中で回収量が特に多い自治会を毎月選定し、メーカーが在庫処分する予定だった新品の子ども服(又は子育て世代がほしい新品服)50~100着を無償提供します。

自治会は関係性の薄くなりがちな子育て世代に、新品の子ども服を1着100~300円程度で販売する市場を開くことで、子育て世代と自治会の接点ができ、自治体の補助金が削除傾向にある自治会の収益源にもなる仕組みです。

各自治会間で衣料ロス削減への努力を促進させることを起点に、メーカーの衣料在庫ロスの削減、自治会加入率の低い子育て世代との繋がり、地域の子育て世代の家計支援まで、複数のSDGsターゲットに効果を及ぼす好循環を生みだします。

幼児もSDGs
「おむつばいばい」

6.安全な水とトイレを世界中に
12.つくる責任 つかう責任
13.気候変動に具体的な対策を

幼児もSDGs「おむつばいばい」

6.安全な水とトイレを世界中に
12.つくる責任 つかう責任
13.気候変動に具体的な対策を

幼児もSDGs「おむつばいばい」

6.安全な水とトイレを世界中に
12.つくる責任 つかう責任
13.気候変動に具体的な対策を

保護者の判断で、子どもが紙おむつを卒業したと思ったタイミングで、保育園の連絡手帳に「おむつ卒業しました」と書くと、何歳であっても保育園在籍時に1回だけ、おむつ卒業証書、フェアトレードでオーガニックコットンのパンツを、そっと子どものカバンに保育園がプレゼントで入れてくれる企画です。

子どもは紙パンツを卒業するとトイレをよく使うようになります。そこで、子ども1人が紙パンツを卒業するごとに、世界にきれいなトイレを設置するために110円が寄付されます。25~30人ごとに、世界で新しいトイレが1基作られます。

紙おむつを卒業する時期が早いほど地球の環境にやさしいだけでなく、子どもに対し、フェアトレードでオーガニックコットンのパンツのことや、「紙おむつを卒業した記念に、世界のお友達がきれいなトイレを使えるように貯金しておくね」など、子どもとのコミュニケーションのきっかけを作ります。SDGsを実践しながら教育も展開できる仕組みになっています。

おむつの子どもとパンツ
おむつの子どもとパンツ

保護者の判断で、子どもが紙おむつを卒業したと思ったタイミングで、保育園の連絡手帳に「おむつ卒業しました」と書くと、何歳であっても保育園在籍時に1回だけ、おむつ卒業証書、フェアトレードでオーガニックコットンのパンツを、そっと子どものカバンに保育園がプレゼントで入れてくれる企画です。

子どもは紙パンツを卒業するとトイレをよく使うようになります。そこで、子ども1人が紙パンツを卒業するごとに、世界にきれいなトイレを設置するために110円が寄付されます。25~30人ごとに、世界で新しいトイレが1基作られます。

紙おむつを卒業する時期が早いほど地球の環境にやさしいだけでなく、子どもに対し、フェアトレードでオーガニックコットンのパンツのことや、「紙おむつを卒業した記念に、世界のお友達がきれいなトイレを使えるように貯金しておくね」など、子どもとのコミュニケーションのきっかけを作ります。SDGsを実践しながら教育も展開できる仕組みになっています。